CHARLIE

 

ボーラーハットにチョビ髭。ドタ靴で、ステッキを片手に歩き回るコミカルなモーション。そう聞いて思い浮かぶのは、白黒映画の代表作に登場する「小さな放浪者」。イギリスの名俳優チャールズ・チャップリンが演じたキャラクターだ。

 

 

その、チャールズ・チャップリンをイメージして名付けられたのが、Mr. Gentlemanのこの春の新作「CHARLIE」。端整な顔立ちのチャールズ・チャップリンに似合うスマートさと知的さ、「小さな放浪者」を彷彿とさせるひと匙のユニークさを兼ね備えたアイウェアである。

 

 

太縁の眼鏡は「あっさりとした顔にもよく合う」と、ここ数年日本でも人気を集めている。「CHARLIE」も、そんなトレンドのモデルをベースとしており、親近感を覚える人も多いだろう。

 

しかし、他のアイウェアとはどこか違う存在感を放つ。その理由は、曲線と直線で描かれた独特なシルエットにある。

 

 

リム上部とブリッジに仕掛けられた、少し角ばった山型のライン。そしてブリッジの下、ノーズパッド付近にある、内側に向かって飛び出すような形。これらのカクカクとしたシルエットが、シャープな印象を作る。

 

反対に、下半分は丸みを帯びた、なだらかなシルエット。パンチのきいたデザインをバランスよくまとめている。

 

 

この2つの異なる要素が交わることで、他にはない魅力を放つ特別なアイウェア、「CHARLIE」が完成した。

 

かっちりとした正装をほどよく着崩したような、心地良いいびつさ。アンバランスなようで完璧なバランス。エフォートレスな格好良さを演出してくれるこのアイテムに、魅了されずにはいられない。

 

 

実際に着用してみると、顔全体の印象がキリっと引き締まる。主張しすぎることもなく、でも着実に周囲にインパクトを与える。

 

職場の人、街ですれ違う人からあの眼鏡が素敵な人と呼ばれる人物にもし憧れるなら、「CHARLIE」を選んでおいて間違いないだろう。

 

 

テンプルには、フロントデザインに見合う太めのものを採用。そして先端に向かって細くなり、横顔をシャープかつ上品に仕上げてくれる。

 

耳に沿ってしなるような形は、美しさはもちろん、フィット感を考慮して作られたもの。ている。見た目だけでなく使い心地も追求し、両立させるのがMr. Gentlemanのこだわりだ。

 

また、軽さが魅力のアセテート素材を採用していることにも注目。ヘビーな見た目からは想像もつかない軽やかな着け心地は、ぜひ実際に身につけて体感していただきたいところ。

 

 

デザインに存在感があるため、幅はやや狭めに設計。そのおかげで、男性はもちろん女性にも似合うし、体格やヘアスタイルも選ばない。

 

「意外に似合うかも」を体感できるのが、このアイウェアの不思議な魅力。ペアルックやギフトに選びたい方もぜひ安心していただきたい。

 

<CHARLIE-A>

 

 

<CHARLIE-B>

 

 

穏やかな光沢をもつカラー【A】、さらっと触り心地のよいマットな【B】。どちらも着る服を選ばないデザインで、年齢を重ねても、好みが変わっても迷わず使うことができる。

 

それぞれのカラーに合わせて、金具の色も変えていることにお気づきだろうか。【A】には温かみのあるゴールドを、【B】にはシックなシルバーを採用することで、それぞれの質感の良さを引き立てている。

 

<CHARLIE-C>

 

 

こちらのカラーは、他とはまた違った雰囲気。一見奇抜に見えるが、リムの下半分が透けており、ベージュカラーが肌に馴染む。他の色展開よりも「黒縁」の主張がなく、むしろライトな印象になる。

 

アセテート素材ならではの繊細な透明感を思い切り楽しめるのも、このカラーの持ち味。

 

<CHARLIE-D>

 

 

D】は、ブラウンの濃淡が美しいカラー。色の薄い部分が光を受けて輝き、見る角度によって光り方が変わる。その姿は、まるで原石の断面のよう。落ち着いた知的さもあり、ジャケットなどのかっちりとしたスタイリングによく馴染む。

 

 

大人になると、自分に似合う物がある程度決まってくる。そこから外れるのは少し怖くなるものだが、不安を「新しい自分との出会い」という喜びに変えてくれるのが、「CHARLIE」のマジック。

 

いつもとちょっと違う、フレッシュさを味わいたい。そんな期待にきっと応えてくれるだろう。

 

商品はこちら / Click here for products